読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久しぶりのブログ(2015.10.23掲載分)

はてなブログの違うIDで書いていたブログを心機一転こちらに移管します。インポートみたいな高等技術ではなく(笑)、記事数も少ないのでコピペ!ですww

 

2005年頃だったと思いますが、「はてな」がまだ東京にあって「日本のグーグル」とかって言われていた?!頃にブログ(はてなダイヤリー)をまずまずやっていました。

 

ただ、1年ぐらいで、たぶん引っ越しの影響かなにかで、やめてしまいました。

 

そして本日、10月23日に明確な理由はわかんないですが、書き始めることにしました。ただ、明確な理由はないですが、「なんとなくの理由は2つ」あります。

 

ひとつ目は、

・今日は代休をとって、家に籠って事務仕事をしていたらブログを書きたくなった

ふたつ目は、

・社会人になって20年経ちインプットしたことをアウトプットしたくなってきた

 

という2つです。

ひとつ目の理由ですが、久しぶりの平日休みだったので、

朝から下記のことをパタパタとやっていました。

  • 雑誌の処分と本棚の整理
  • 給与口座から貯蓄口座やら各種引き落とし口座への振込(通称:月次)
  • 毎月実施している学生支援セミナーの会場申請

    快縁隊公式ホームページ

  • 転職予定はないですが、BIZREACHへの会員登録(勿論無料の方!)

そんなことをしていたら、急にブログでも書きたくなり、今、3年落ちのTOSHIBA dynabookに向っている次第です。

それはまさに、1978年4月のよく晴れた日の午後に村上春樹神宮球場で、ヤクルトのヒルトンが1回の裏にレフト前にヒットを瞬間に

 

「そうだ、僕にも小説がかけるかもしれない」

『職業としての小説家』P.42  村上春樹

   

と思って、その足で新宿の紀伊國屋に行って、原稿用紙と万年筆を買ったのと同じような感覚だと思っております(キリッ)

 

長くなりましたが、それがブログを書きだしたひとつ目のなんとなくな理由です。

 

ふたつ目の、なんとなくな理由ですが、これは半年ぐらい前から

  • 今後のためにも、少しずつアウトプットしていった方がいいんだろうな
  • そしてそれはブログとかがいいんだろうな

とまさに、なんとなく思っていたところへ、ひとつ目の理由が現れて、書きはじめた次第だと思われます。

村上春樹が、「1月1日から始める日記よりも、ふと6月14日に始める日記の方が長続きする」というように、10月23日から始めたこの日記が少しでも長く続く様に、ちょっとがんばってみます。

 

そんじゃーね(←どっかで聞いたことあるwww)