読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォトリーディングセミナーの受講

ゴールデンウィークの真っ只中の2日間でフォトリーディングのセミナーを受講してきました。

 

フォトリーディングとは

1時間で1冊本が読め、理解し、人に話せるようになる術  

 とのことです。

 

世間で言う速読部類になるかと思いますが、フォトリーディング

 

  1. 1日1冊本が読める
  2. 賢い頭の使い方がわかる
  3. 本の内容を長期記憶に保存できる

 

がメリットとなり、速読はあくまでもツールであり、人生が豊かになる。というのがフォトリーディングの目的になります。

 

 

実は、周りの知人が結構セミナーに行ってたりしてたので、知ってはいましたが、やはり読書は・・・

 

 

じっくり読むもの派

 

 

であったため、正直に言うと疑いはしていなかったものの、スル―していました。

ただ、なぜこのタイミングで受講することになったかと言うと・・・

 

  1. 大学や講師としてインプットが膨大に必要になった
  2. 本を読むスピードが遅くなった(集中力がなくなった)
  3. 会社を辞めたタイミングであり、時間がたっぷりあった(笑)

 

そんな感じで受講してみました。

 

 

結論から言うと、

 

 

「よかったです」

「十分使えそうです」

 

 

です。

 

簡単に取り組み方を理解整理のために記載すると

 

◆STEP1  準備

 気持ちの良い「目的」を明確にする

 みかん集中法

 

◆STEP2  予習

 目次・著者のプロフィールを読んで

 読むに値するか、体が読みたいと

 思っているかの判断をする

 

◆STEP3  フォトリーディング

 ①深呼吸+みかん集中法

 ②始めのアファーメーションで前向きに

 ③フォトリーディング

 ④終わりのアファーメーションで受け入れる

 

◆STEP4  復習

 ①調査として、最初と最後の文章や太字をパラパラと確認

 ②トリガーワードとして、20個ぐらいの目についた単語をピックアップ

 ③トリガーワードをヒントに3つほど、著者に質問を考える

 

◆STEP5  活性化

 ①生産的休息を取る

 ②テーマとなるセントラルイメージをマインドマップにしたためる

 ③各種リーディングにて読み、マインドマップに気づきを記載する

 

ポイントはもちろん◆STEP3のフォトリーディングになる訳ですが、ここは正直にいうと「意識下」のレベルなので、「身に付いた実感」は無いです。

 

ですから、自分を信頼してあげることが重要になります。

 

いずれにしても、今までの何時間もかけてきた本の読み方と、1時間でマインドマップまで完了して記憶に残る今回のフォトリーディングでは、今の実感値としては

 

 

今までの読書 < フォトリーディング

 

 

です。

 

もう少し、詳細をお伝えすると

 

■全部読めた感

今までの読書 > フォトリーディング

 

■理解した感

今までの読書 < フォトリーディング

 

そんなイメージです。

確かにフォトリーディングでは「全部読めた感」はありませんが、これまでの読み方も「全部読めた感」はあっても、「理解した感」はなかったため、フォトリーディングでは「理解した感」がある分だけ、これまでの読み方よりは良いと思います。

(もちろん時間とお金を投資した自分への想いもあるかと思いますが・・・)

 

なんにしても、習慣にしないと意味がないので、今日から早速1日1冊実施していきます。

記念すべき1冊目はこちらです。

 

「学力」の経済学

「学力」の経済学

 

 

それではまた!